話のネタになるようなニュースをきまぐれにキュレーション

ベンガルルネサンスの立役者「アムリタ・シェール=ギル」がGoogleのロゴに登場

アムリタシェールギル

2016年1月も今日明日で終わり、
気が付けば年も明けて1か月、
今週末も寒い週末になりそうですが、
もうちょっと我慢してれば暖かくなりますかね?
(松岡修造さんもそろそろ帰ってくるでしょうし)

そんな1月30日のGoogleのロゴ(Doodle)は
アソウ笑顔

 


1月30日のDoodle

誰だかはわかりませんが、
どこかの画家さんの生誕記念とかですかね?

 


アムリタシェールギル生誕103周年

と、いうことで今日のGoogleのロゴは
「アムリタ シェール ギル生誕103周年」デザインでした

ハンガリー生まれのインド人女性で
19世紀、ベンガル地方(インド)で起こった社会改革
「ベンガルルネサンス」の立役者と呼ばれる画家さんだそうです

 

アムリタシェールギル検索結果

今日のGoogleのロゴにはアニメやゲームなどは仕込まれてなく、
そのまま「アムリタ シェール ギル」の検索結果が表示されます

 

アムリタ・シェール=ギルさんが活躍したというベンガルルネサンス

正直、あまり聞いたことない言葉ですが、西洋文化の普及を背景に、インド本来の宗教や文化が近代化を図ったことを言うそうです

ルネサンスは、フランス語で「再生」「復活」を意味し、14世紀イタリアで始まったギリシャ、ローマ文化を復興させる文化運動も「ルネサンス」と呼ばれていましたが、そのまんまインドで起こったインド古来の文化の復興運動といったところでしょうか

で、こちらのアムリタ・シェール=ギルさんの絵が、絵画の部門でその一翼を担ったということで、彼女の残した作品はインドの国宝になっているそうです

 

ちなみに、ベンガルルネサンスは、19世紀から起こった文化運動とのことで、アムリタ・シェール=ギルさんは20世紀生まれの人なので、立役者とはいえ、創設者というわけではないのでご注意を

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です