きまぐれニュース72
トップページDoodle > Googleのロゴが八木アンテナの発明者「八木秀次生誕130周年」デザインに
誠に申し訳ございませんが、諸事情により、更新を一時休止させていただいております。
復旧次第改めてお知らせさせていただければと思っております。


八木アンテナ


東京スカイツリーができて4年、
東京タワーができてから58年がたった
2016年現在、日本ではテレビ離れなんてのが
話のタネになるようになりましたが

本日1月28日のGoogleのロゴは・・・・・
アソウ笑顔


1月28日のDoodle
なんでしょう映画『ALWAYS三丁目の夕日』のような
昭和を感じさせるノスタルジックなデザインですが・・・・・


八木秀次生誕130周年
「八木秀次生誕130周年」デザインでした
八木という名前と屋根のアンテナを見て
ここでハッ!と気が付く人もいるかと思いますが
「八木アンテナ」の発明家さんの生誕記念日だったんですね


八木アンテナアニメ
今日のDoodleにはこのような屋根に
八木アンテナが生えまくるアニメが用意されています


八木アンテナ検索結果
アニメ画像をクリックすると「八木アンテナ」の検索結果が表示されますが
八木秀次生誕130周年なのに「八木秀次」の検索結果じゃないんだ~と不思議に思って、八木秀次で検索してみましたら・・・・・


同姓同名の別人
同姓同名の別人の八木秀次さんがでてきました
こちらの人は法学者でフジテレビの番組審議委員などを努めている人だそうですが、

今日の主役、八木秀次さんが作った八木アンテナは、テレビやFM放送などを受信するアンテナとして有名だったりするので、法学者の八木さんがフジテレビ関係者というのも、何か奇妙なご縁だったりするのでしょうか?

そういえば、八木亜希子アナとか、八木早希アナとか八木という苗字はそれほど多いとは思えませんが、なぜにここまで八木家はテレビにご縁があるんでしょ?

八木秀次が八木アンテナを作ったのも、ある種の必然的な運命だったのか!?


ちなみに、「八木アンテナ」の正式名称は「八木・宇田アンテナ」というそうで、その実、功労者であった宇田新太郎の名前をはずし、八木秀次が単独名で国内外の特許をだしてしまったため、当時は「八木アンテナ」と呼ばれたそうですが、現代のモラルでは容認できないような特許のとりかたであることから、現代では「八木・宇田アンテナ」と呼ばれるようになったそうです。

今日のGoogleのロゴも男性二人がアンテナをつけているデザインですので、それももしかしたら八木秀次、宇田新太郎の両名を意識してのデザインかもしれませんね。


今週の人気記事

    きまぐれニュース72

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット

    このページのトップヘ