話のネタになるようなニュースをきまぐれにキュレーション

ノーベル賞受賞者の田中耕一さんらが血液検査だけで認知症予備軍の人を見つける方法を開発

田中耕一

要約

・アルツハイマー型の認知症は、脳に「アミロイドベータ」というたんぱく質がたまると発症すると考えられている。

・研究チームは、認知症になる人は血液中に「アミロイドベータ」とは別の特殊なたんぱく質も増えていることを発見。

・この2種類のたんぱく質をわずかな血液の分析で調べることに成功。

難しいことはよくわかりませんが
田中耕一さんと国立長寿医療研究センタースッゲー!!
アソウ笑顔

認知症は、本人も、それを支える家族も大変ですからね
この発見によって、認知症の治療薬の開発なども進むと
見られているそうですので、今後の研究に期待ですね
ミズホ

ワシは絶対にボケん!
博士と長官
         そうあってほしいものですが

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です