話のネタになるようなニュースをきまぐれにキュレーション

「奥までソウニュウ」「ひと夏の経験」駿台の学習書『生きるセンター漢字・小説語句』が下品すぎて炎上

生きるセンター漢字小説語句



センター入試の学習書が下品

【引用:しらべぇ】

要約

駿台文庫の『生きるセンター 漢字・小説語句』が下品すぎるとネットで炎上しているようだ。

どれぐらい下品か問題集を確かめてみたところすごい表現の学習書であった。

「ゆっくり奥までソウニュウしてください」

「教授と私のミッセツな関係を誰にも気づかれてはいけない」

「ひと夏の経験が俺を大人にしたのはイチモクリョウゼンだろ?」

「対象の射殺許可をヨウセイします」

「胸のデカさに俺はキョソを失った」

「少女の心が少年にシンショクされたがっていた」

「私のリョウイキを侵して」

「彼女のなだらかなキョウリョウをうっとりと眺めた」


Amazonでの評価

「文例が面白いといえば面白いが、くだらない。変なウケ狙いは不要」

「未来の社会を担う若者に対する教育をどう考えているのか、見識を疑います」

「この著者は駿台講師らしいですが、人に教える前に、まずジェンダーについて学んでいただきたい」

「ジェンダー差別が甚だしい例文の宝庫」

「この程度でギャーギャー騒ぐ人間がこれほど世の中にいることに大変驚いている」

だいたい、あれこれエロい妄想ひきたてられちゃ
勉強しようにもいちいち雑念が入って
勉強できなだろっての!!
アソウとミズホ
    そ~ゆ~問題じゃないでしょ!!

変な例文だとは思いますが、
顔なじみの生徒の前でシャレを言ったりするのと、
まったく水知らずの人に対して送るテキストとの区別が
つけられなかったのが良くなかったのかな?

まぁ露骨な性的表現は、どういう場であれ
控えるべきだとは思いますけど
02オザワタブレットを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です