話のネタになるようなニュースをきまぐれにキュレーション

ドイツの配食サービスで間違えてドッグフードを提供!?

ポメラニアン


画像引用:PAKUTASO

配食サービスでドッグフード

【引用:Tech Insight】

要約

ドイツにある高齢者や病人向けの配食サービスを行っている「Osnabrucker Tafel」という慈善団体が、利用者にドッグフードを提供していた。

見た目や香りではまったく違和感がなく、ドッグフードにしては珍しく、缶ではなくガラスのビンにつめられており、キャップに書かれていた「for animals」の文字があまりにも小さかったことから、誰も気づかなかったという。

ドッグフードを受け取ったのは高齢者ばかり3名。

1人はそれを食べたことがわかっているが、レンジで温めたら不快な臭いがしたと食べなかった者もいた。

100歩ゆずって、
外箱でドッグフードとわからなかったとして、
中身を見て何か違和感を感じなかったんですかね?

ドイツのドッグフードって、
そこまで人間の食べるものに近いんでしょうか?
長官と博士
逆のパターンもあるじゃろうが、
願わくば、虐待とかではなく、
本当に間違えただけであってほしいのぉ

どこの国でも食の安全とかって
一番気になりますよね
アソウ後ろ

関連記事
No articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です