話のネタになるようなニュースをきまぐれにキュレーション

ここ数日のTwitterの大規模障害の原因は内部コードの変更によるものだった

Twitter陥落




要約

Twitterで19日に数時間にわたり利用不可能になる障害が発生した。

この障害は10年にわたるTwitterの歴史の中でも最大級となった。

原因は「内部のコード変更に関係したもの」だったが、変更を取り消し問題は解決された。

障害は、日本時間19日午後5時~11時に急増し、20日午前1時までには修正されたが、ロシアなど一部の地域では現在も障害が続いている。

スマスマ生放送は18日夜10時過ぎ、
ツイッターの障害が発生したのは19日、
この2つの関連性が気になるところですが、

もしや、スマスマ生放送のトラフィック過多で
サーバーが陥落し、それに対応させるために
急きょ内部コードを書き換えたら
世界中で障害が発生したとかですかね?

だとしたら、SMAP解散騒動が
文字通り世界中を巻き込むことになったわけで
それはそれでスゴイことかと・・・・・
イシバ長官

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です