話のネタになるようなニュースをきまぐれにキュレーション

CIAが作成した「組織をダメにする方法」が日本の企業体質によく合っている

黒塗りの機密事項


画像引用:PAKUTASO

組織をダメにするマニュアル

【引用:日刊SPA!】

要約

第二次世界大戦時のCIAの秘密資料に書かれていた「敵国内のスパイが、敵国の組織をダメにする方法」。

●「注意深さ」を促す。

●可能な限り案件は委員会(最低でも5人)で検討。

●何事も指揮命令系統を厳格に守る。

●会社内での組織的位置づけにこだわる。

●前回の会議で決まったことを蒸し返して再討議を促す。

●文書は細かいな言葉尻にこだわる。

●重要でないものの完璧な仕上がりにこだわる。

●重要な業務があっても会議を実施する。

●なるべくペーパーワークを増やす。

●業務の承認手続きをなるべく複雑にする。

●全ての規則を厳格に適用する。

そうそう、こういうキチンと決まり事を守ってこそ、
正しく組織は運営されるんですよね
長官とミズホ
いやいや、組織をダメにする方法なんですから、
ここに書いてあることをやっちゃダメなんじゃないんですか?

・・・・・・・・・・
組織に送り込んだスパイが、その組織をダメにする方法?
つまり、その、あれ?
イシバ長官

会社人間には何の疑問も持たない
当たり前のことが、
実は組織をダメにする行為じゃったということじゃな
博士と長官
それを長年信じてきた私たちの世代はどうしろと・・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です