話のネタになるようなニュースをきまぐれにキュレーション

ダイエットしても痩せない「モナリザ症候群」 その改善方法とは?

シュークリームを食べる女性


画像引用:PAKUTASO

モナリザ症候群

【引用:modelpress】

要約

ダイエットしても痩せない、少ししか食べてないのに太る、このような状態を「モナリザ症候群」と呼ぶ。

モナリザ症候群の人は、体のエネルギーを消費する交感神経の働きが低下し、痩せにくくなっている。

モナリザ症候群改善方法


日光を浴びるようにする

日の光を浴びることで、自律神経が整い、体の巡りを整えることができる。

入浴は就寝1時間前には済ませる
熱いお湯につからず、少しぬつめの温度でゆっくりと浸かる。

ストレッチを行う
軽めのストレッチを行うことで、交感神経と副交感神経のバランスが整う。

そっか~私もモナリザ症候群だったのか~
なんか、何やっても痩せないんで不思議だったけど、
日光を浴びつつストレッチをやって
ぬるめのお風呂に入って、
夏までにはダイエット成功っていきますかね~
ミズホ笑顔

夏ごろには、また新しいダイエット方法に
飛びついて「年末までには~」とか言ってるとみた
アソウとミズホ
        いつかぶっ飛ばす・・・・・

ちなみに、熱いお風呂にはいると
交感神経が活発になるそうですが、
寝る前に交感神経を刺激してしまうと、眠りにくくなり、
それが睡眠不足、生活リズムの乱れにつながり
まわりまわって体重増加につながるので、
寝る前のお風呂は、ぬるめの温度で
変に交感神経を刺激せずリラックスした方がいいそうです

熱めの温度を42度ぐらい、
ぬるめの温度を40度以下程度の目安で

もし熱いお風呂にはいって交感神経を刺激するなら
休日の昼間とかにすればいいのかもしれませんね
02オザワタブレットを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です