きまぐれニュース72
トップページ時事ネタ > 芳林堂書店が自己破産を申請、2015年には約70億円あった売り上げが約35億円までダウンしていた


芳林堂


芳林堂破産
【引用:YAHOO!ニュース】


要約

芳林堂書店が2月26日に東京地裁へ自己破産を申請し、破産手続き開始決定を受けた。

戦後、古本販売業を目的に創業され、1948年(昭和23年)3月に法人改組した書籍小売業者。

1999年8月期には、年売上高約70億5000万円をあげていたが、2015年8月期の年売上高は約35億8700万円にダウンしていた。

2月5日には、主力仕入れ先である書籍取次の(株)太洋社が自主廃業も想定し、会社の全資産の精査などを進める方針を明らかにしたことで、動向が注目されていた。

負債は約20億円。

YAHOO!ニュースのコメント(一部抜粋)

記事にもあるように取次の太洋社が廃業したことで、ここ数週間は商品が配送されない状態だった。高田馬場店では、書棚がスカスカという異常な光景が続いていた。

売り上げ減少も原因だろうけど取次とか再販とか業界に問題あるんじゃないか?

ネットで本を買うのが当たり前になる以前にはお世話になってました。

リブロも芳林堂も無くなったか。当時は本が充実した街だったなぁ

書店で見てAmazonで買うなんていう流れもあるよね。本は重いから。

ネットで買えるのは便利だけど中身を見てがっかりだった時は辛い。

丸善は、ネットで店舗在庫情報が見られるので、すぐにほしい本は、丸善で買っている。

ちょっと関係ないかもしれないが、コンビニの本ってほとんど買う人がいなくなったんだって!

情報とかネットですぐ見れるし、似たような雑誌だらけだし、時代の流れかな

哀しいけど、ビジネスモデルというのは変わる時は大きく変わるもの。

なんかいい方策はないもんかね。。



ここ数年、こうした町の本屋さん閉店の
話が相次ぎますね
長官と博士
時代なんじゃろうけど、寂しいもんがあるのぉ


今週の人気記事

    きまぐれニュース72

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット

    このページのトップヘ