話のネタになるようなニュースをきまぐれにキュレーション

ショーン・マクアードル川上氏がラジオ番組で謝罪、番組の掲示板にはショーン氏の復帰を願う声が続々と

ショーンK


画像引用:東洋経済ONLINE

ショーンK氏復帰を願う声多数

【引用:YAHOO!ニュース】

要約

経歴詐称が発覚し、活動を自粛した経営コンサルタントのショーン・マクアードル川上氏(47)が、自身がDJを務めていたラジオ番組で謝罪。

同局の番組掲示板にはリスナーからのコメントが殺到した。

「嘘はいけない」など批判もあるなか、「自分の声でお話いただき、ありがとうございました」「勇気や元気をもらい涙が出ました」と同氏への感謝の気持ちを記したコメントが続々。

「絶対戻ってきて」」など復帰を望む声も目立った。

このニュースへのコメント(一部抜粋)

ショーン氏の「嘘の肩書」に対するバッシングが、これでいったん鎮まることを願います。発覚してから「何かおかしいと思った」「そういえば発言が薄っぺらい」などと、後出しじゃんけんのよう出てくる”嘘くさい”コメントを目にするのは、もう飽きてきたからです。

声は良いのだからナレーターやラジオDJとして頑張ってほしいね。

英語力と話術にうそはないから地道にこつこつがんばってください。

コメンテーターとかじゃなくDJとかならよさそう

詐称はいけないがいい人なんだろうね。

経歴で仕事は入るだろうけど、経歴だけで長年仕事を続けてこられたとは思わない。

嘘はよくないけど、ここまで業界が批判するのがわからない。

俺はもう許した


見た目に騙されて評価が甘くなってる可能性を差し引いても、
すぐに謝罪して活動を自粛するという、対応の速さや誠実など、
どこぞの不祥事起こしている企業も見習うべきものがあるあたり
「経営コンサルタント」の肩書は嘘八百というわけではなかったような?

いつぞやの情報漏えいしたときのジャパネットたかた並みの
対応の良さだと思うので、ショーンKさんの復帰楽しみに待ってます
アソウ笑顔

本人が恥ずかしさを乗り越えるのはもちろん、
視聴者からのバッシングや、それに対するスポンサーや局の理解など
乗り越えるものは多いと思うんじゃが、
復帰してまたラジオやテレビで活躍してもらいたいもんじゃのぉ
マスゾエ博士

グエンラインフォード
「あの子は一つの秘密を隠すために、他のことには正直であろうとしています」
「だから、とてつもなくいいヤツなんです」
(画像引用:ターンエーガンダム)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です